FORTRANの特徴と必要性

昔あった言語で、現在のIT社会ではあまり使われてない言語にFORTRANがあります。
主に科学計算専用の言語として使われています。
でも、全盛期だったのは、Windowsがでる以前の話です。1980年代の代表言語と言ってもいいでしょう。
しかし、使われていないにもかかわらず、計算をするのなら、FORTRANが最適とされているため、
現在では大幅な計算をする必要がでてくる場合のみか、古いPCなどでプログラムミングするときのみ、
使われています。

さて、FORTRAN言語の特徴ですが、先程も言ったとおり、
ひとつは、科学計算向けの言語であるということです。
数値予報、構造力学、計算物理学などで、用いられています。
私も学生のとき勉強したことがあるので、よく覚えています。

二つ目に、組み込み関数や複素数、強力な配列操作など、
数値計算をするのに有利な機能があらかじめ、組み込まれていること、

三つ目にプログラムの表記法がとても単純なので、初心者でも、
かなりとっつきやすい、四つ目に他の言語にくらべるとパフォーマンスに
優れていることなど、FORTRANにしかない特徴があります。
現在でも、安いコストでプログラミングしたい場合、
計算部分のみFORTRANを使うといったケースもあるぐらいです。

普段は、使われていなくて、いざ必要なときには、
十分な能力を発揮するFORTRANですが、プログラマーの中では、
ほんとに役に立つ言語なのかという疑問が一部の間で波紋を広げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です