こんな方にお勧め、IT業界のアルバイト

IT業界におけるアルバイトというと最も身近なものとしては携帯電話ショップを思い浮かべる人が多いでしょうが、ITエンジニアがシステム系の会社でアルバイトとして雇用されるということも結構多いものです。
よく見られる例として、正社員として就職したいのだけれども、企業側が3か月や半年といった一定の期間を試用期間として設けているため、その間は身分がアルバイト扱いというものです。
試用期間前であっても慣れてきて企業として欲しい人材と考えれば正社員として改めて採用される場合もありますが、初めからアルバイトの雇用しか考えていないといったことまります。

また、雇用される側が何らかの事情によってアルバイトでの雇用しか望んでない場合もあります。そのほかにも、ほかに職業を持っていたり、ほかになりたいものがある、個人で開業したものの思うように仕事を得ることができずにアルバイトで補てんするといったこともあります。

年齢を重ねて定年退職された方がアルバイトをすることもあります。50歳までといわれるITエンジニアですが、決してキャリアやノウハウまで衰えてしまうことはありません。
確かに間口は狭いでしょうが、正社員で働いていた時に得たスキルやノウハウは企業側にとっても捨てがたいものであることは確かです。
企業としても福利厚生や他の手当の面で安く雇うことができるわけですから、正社員と変わらない実力を持った人材であればアルバイトとして雇用したほうがメリットがあるというわけです。
こうしたIT関連業種での人材募集はサイト内を見ても多いのがわかりますし、将来IT企業を目指す学生は一度アルバイトを経験しておくのもよいかもしれません。

※ITエンジニアの中で、正社員でもなく、アルバイトでもなく、派遣のような形態ですが給与が正社員の2倍ほどもらえる契約形態があります。常駐のフリーエンジニアです。今後はこのようなフリーランスという働き方が主流になってくるとも言われているので、チェックしておくべきでしょう。
http://bestfreelance.info/

Leave a Reply